So-net無料ブログ作成

代官山ステキサロン第3回:Daikanyama Suteki Salon 3rd Meeting [イベント情報]

「代官山ステキサロン」:Daikanyama Suteki Salon
第3回会合(2008/01/21):Third Meeting
於ヒルサイドテラスE棟ロビー:@Lobby of Hillside Terrace E
講師:野呂芳明(代官山近隣会長・立教大学社会学部教授)
テーマ:「都心におけるコミュニティの再生と新生」
Topic: “Renewal and Formation of Community in City Center"

Prof. Noro

社会学者の野呂教授は、まず代官山を東京山の手の特別な地区で、「クリエイティブ・クラス」が住み、その「場所性」を個人的だけでなく共同的に経験できる場であると定義。これは、住民がヒルサイドテラスや同潤会アパートなどの文化的伝統があるコミュニティに住む特権性を感じるからであるという。
それと同時に、代官山に関するバーチャルな情報が現実の場所にフィードバックされ、代官山を高度な消費文化のセンターしてしまったようにみえる。しかし、それは代官山コミュニティの崩壊をもたらす。
むしろ代官山は、その地域におけるバラバラな活動のパーツをつなげることよりも、さまざまな住民たちが交流する「場」を新たに作り出すことによって、望ましいコミュニティの新生と地域の活性化を図るべきであるし、そうすることが可能であると、野呂教授は主張。
参考:
「野呂芳明立教大学教授」:http://www.rikkyo.ne.jp/grp/shakai/sociology-page/society/staff_prof.html#p08
本ブログ「インタビュー(2)野呂芳明さん」2006年10月21日:
http://blog.so-net.ne.jp/daikanyama/2006-10-21

As a sociologist, Prof. Noro first characterizes Daikanyama as a special uptown district in Tokyo with “creative classes” residing, while experiencing its “placeness” not only individually but also communally. This may be due to residents’ feeling as a privileged class living in the community with Hillside Terrace, Dojunkai Apartment, and other cultural traditions.
At the same time, virtual information about Daikanyama is feeding back into the town, apparently making it a center for high-level consumption culture. However, this may well lead to the end of the Daikanyama community.
Instead, Daikanyama should be and could be revitalized by newly creating a place or a "new community" for interactions among various kinds of residents, rather than by assembling parts of individual activities in and around the town, according to Prof. Noro.
Reference:
NORO, Yoshiaki:
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/cri/ken/vin/noro_y.html

Discussion among participants


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。