So-net無料ブログ作成
検索選択

第4回フォーラム代官山:Forum Daikanyama IV [イベント情報]

第4回フォーラム代官山:Forum Daikanyama IV
テーマ:「代官山Web調査」と「緑の文化十字路」の発表と提案
Theme: "Daikanyama Web Survey" & "Green Cultural Crossroads"

11月13日ヒルサイド・プラザホールにて:11/13/09@Hillside Plaza Hall
(フォーラムの概要は写真の下に掲載)
第4回フォーラム代官山の開会を宣言する総合司会者の元倉眞琴氏
91113D1.jpg 91113D2.jpg
開会挨拶をする伴代スキ会会長と報告を行う湊元東京商工会議所事務局長
91113D3.jpg 91113D4.jpg
「緑の文化十字路」の提案を行う岩橋謹次代官山ステキ総合研究所理事長
91113D5.jpg 91113D6.jpg
「代官山座談会」:野口公平代官山ステキ総研副理事長の司会で意見交換
左から野口氏、石原貞治氏、小高悦子氏、川井隆則氏、馬目学氏、岩橋氏
91113D7.jpg 91113D8.jpg
91113D9.jpg 91113D91.jpg

「第4回フォーラム代官山」:概要
1) 「代官山Web調査」と「緑の文化十字路」の発表と提案に焦点を当てた「第4回フォーラム代官山」は、共催するTOKYO URBAN LIFE 2009 (11月1日から21日まで)の主要イベントの一つとして、代官山ヒルサイドテラス・プラザホールにて11月13日午後6時半から開催された。総合司会役の元倉眞琴氏による開会宣言の後、まず伴文康代スキ会会長から開会の挨拶があった。なお、代スキ会(代官山ステキなまちづくり協議会)については、その活動が報告されている「代スキ会NEWS」が会場の参加者に配布された。
2) 最初の発表者である湊元良明氏(東京商工会議所渋谷支部事務局長)は、東京商工会議所による「代官山ブランドパワーアップ事業」の一環として実施されたWebアンケート「代官山の地域価値に関する調査」の結果について説明を行った。主要な結果は、代官山に魅力を感じる訪問者は、主に街全体のオシャレな雰囲気や自己実現価値に引きつけられており、それによって交通の不便さや価格の高さなどが克服されているというもの。したがって、代官山は渋谷などとは異なる方向の街づくりを目指すべきというのが、湊元氏の発表の結論であった。
3) 次の発表者である岩橋謹次氏(代官山ステキ総研理事長)は、代官山地域について「緑の文化十字路」(GCC = Green Cultural Crossroads for Great Community Creation)の構想を発表し、配布された絵入りのパンフレット「代官山『緑の文化十字路』構想」を使って詳しい説明を行った。その構想によると、中目黒から代官山へと北にのびる八幡通りと東横線(今後地下化の予定)に沿った南北の縦軸を、緑のタテ軸の「グリーン・モール」として、四季の花咲くモールと空きスペースにおけるフリーマーケットなどの地域活動の場とすること。他方、旧山手通り(旧三田用水跡)と目黒川に沿った中目黒から大橋に至る東西の横軸を、緑のヨコ軸の「オープン・ミュージアム」として、歴史的な建物や敷地などを地域資産として保全と管理を行っていくとする。そして注目される両軸の交点には、GC Center(グリーンコミュニティセンター)という名称の「地域活動支援施設」を設置し、代官山の街づくりのために若者たちやその他の住民たちの知的・創造的な活動をサポートするインキュベーション・センターとしての機能を持たせる構想が説明された。
4) 最後に「代官山座談会」が行われ、野口浩平氏(代官山ステキ総研副理事長)の司会で、小高悦子氏(代官山Marオーナー)、川井隆則氏(代官山アドレス店舗管理事務所・アドレスディセ館長)、馬目学氏(東京商工会議所渋谷支部・代官山スタイル研究会事務局)、石原貞治氏(代官山ステキな街づくり協議会事務局長)および岩橋謹次氏の5人がパネリストとして熱心な議論が展開された。主な焦点は、代官山ブランドを構成するプラスの側面とその将来展望に当てられたが、パネリストや参加者から若干悲観的な見方や批判的な意見も述べられた。それは、代官山をとりまく社会経済的な環境が厳しさを増している現実を反映したものとも解釈できる。
なお、フォーラム後に近くのレストランでの二次会に参加したメンバーの間で、さらなる議論が続けられた。
参考:
第3回フォーラム代官山(2008年5月2日開催):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2009-05-02
第2回フォーラム代官山(2008年10月12日開催):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-10-13
第1回フォーラム代官山(2008年4月30日開催):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30

Forum Daikanyama IV: Summary
1) Forum Daikanyama IV was held on November 13 (6:30-9:00pm) as one of the main events of “Tokyo Urban Life 2009" (Nov. 1-21), which cohosted the forum. Following the forum moderator Mr. Makoto Motokura’s opening remark, Mr. Fumiyasu Ban, chairman of Daisukikai gave an opening address, while copies of “Daisukikai News” were distributed among the audience.
2) The first speaker, Mr Yoshiaki Tsumoto (Tokyo CCI-Shibuya branch management director), explained about the main findings of their web survey on the community value of Daikanyama as part of the Daikanyama Brand Power-Up Project conducted by the Tokyo Chamber of Commerce and Industry. One of the key findings is that visitors to Daikanyama tend to be attracted to this community for its atmosphere of sophistication and self-assuring values for them, despite inconvenience in transportation and the high prices of goods and services in this town. Thus, a conclusion of the survey report is that Daikanyama should pursue a different path from a big neighboring town, Shibuya, for community development, according to Mr. Tsumoto.
3) The second speaker Mr. Kinji Iwahashi, director of Daikanyama Suteki Research Institute, proposed the idea of “Green Cultural Crossroads” for Daikanyama’s community development, based on a pamphlet explaining their proposal in a visual fashion. In this proposal, the vertical North-South axis which goes through Daikanyama-Nakameguro along Hachiman Street and the Toyoko line (to go underground) is characterized by the Green Mall with flower gardens and open sites for free markets and other community activities, whereas the horizontal East-West axis which extends from Nakameguro to Ohashi along Old Yamate Avenue (Old Mita Channel) and Meguro River is designated as the Open Museum with important community assets such as many historical buildings and premises. Naturally, the focal point is the intersection of these two axes, where the Green Community Center is to be established as a community incubator to support intellectual and creative activities among young people for Daikanyama’s community development.
4) A panel discussion regarding the future development of the Daikanyama brand took place with moderator Mr. Kohei Noguchi with the panelists, Ms. Etsuko Kotaka (Daikanyama Mar), Mr. Takanori Kawai (Daikanyama 17dixsept), Mr. Manabu Manome (Tokyo CCI-Shibuya), Mr. Sadaharu Ishihara (Daisukikai), and Mr. Kinji Iwahashi. The focus was placed on the positive aspects of Daikanyama community constituting its brand and its future prospects for further developments, mostly from the insider’s viewpoint, although some pessimistic views and critical opinions were expressed during the panel discussion, reflecting recent negative trends in the socio-economic environment surrounding Daikanayama.
More discussions followed after the forum among those who participated in the networking party at a nearby restaurant.
References:
Forum Daikanyama I (5/2/2009):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2009-05-02
Forum Daikanyama I (10/12/2008):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-10-13
Forum Daikanyama II (4/30/2008):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30
nice!(0)  コメント(0) 

第3回フォーラム代官山:Forum Daikanyama III [イベント情報]

第3回フォーラム代官山:Forum Daikanyama III
テーマ:代官山ブランド再考:Theme: Reexamination of Daikanyama Brand

5月2日 ヒルサイド・プラザホールにて:5/2/09@Hillside Plaza Hall
(フォーラムの概要は写真の下に掲載)
フォーラム全体司会・元倉眞琴氏と開会挨拶をする伴文康GWD2009実行委員長
90502k.jpg 90502d.jpg
湊元良明東商渋谷支部事務局長の報告と西樹シブヤ経済新聞編集長の基調講演
90502e.jpg 90502f.jpg
工藤勇人グループによる代官山をテーマとする音楽演奏に聴き入る参加者
90502g.jpg 90502h.jpg
座談会:左から野口浩平氏、岩橋謹次氏、井原広之氏、林茂氏、野呂芳明氏、吉田寛氏
90502i.jpg 90502j.jpg

「第3回フォーラム代官山ー代官山再考」:概要
1) GreenWeekDaikanyama春花祭2009(5月2日から6日まで)の主要イベントとして5月2日午後6時から開催された「第3回フォーラム代官山」(共催:第3回フォーラム代官山実行委員会、東京商工会議所渋谷支部、NPO法人代官山ステキ総合研究所、代官山ステキな街づくり協議会および代官山ビジネスネットワーク)では、全体司会役の元倉眞琴氏による開会の後、まず伴文康春花祭2009実行委員長から開会の挨拶があった。元倉氏は、「大きく時代が変わる今、全国的ブランドに成長した代官山ブランドについて改めて考える」ことの必要性を強調。また伴氏は、代官山のブランドの今後を考える際に、「我々が代官山に何を期待するかではなく、代官山に対して何をなすべきか」が重要であることを指摘した。
2) さらに湊元良明東京商工会議所渋谷支部事務局長より、「東京都シナジースキーム事業」の一環としての「代官山”ブランド”パワーアップ事業」が開始されたことについての報告があり、この3年計画の事業に関する詳細な説明があった。そこでの重要なポイントは、代官山における個々のビジネスのパワーアップとともに代官山の地域全体のブランドパワーの強化を地域住民と連携して進めていくことで、そのために「代官山スタイル研究会」を発足させ、委員長は岩橋謹次代官山ステキ総研理事長にお願いしたとのことであった。
3) それに引き続き、西樹シブヤ経済新聞編集長による「広域渋谷圏の変貌と代官山のポジショニング」というテーマで基調講演があった。講演では、代官山のこれまでのセミナーやフォーラムでは聞くことのできなかった広域渋谷圏(原宿、表参道、青山、恵比寿、中目黒等)のビジネス動向とブランド展開について具体的な説明があり、その上で代官山ブランドのポジショニングの特徴として、「大人、高級感、おしゃれ、落ち着く」という純粋なイメージがぶれることなく確立しており、固定客を中心として全国的にゆるぎなく認知されていることが指摘された。ただし、今後の周辺地域との競争を考えた場合、代官山ブランドを構成する主要な「要素」をより具体的に推進すべきことも示唆された。
4) その後の休憩時間には、ピアニスト工藤勇人氏が作曲した代官山をテーマとする美しい楽曲を、芸大の学生弦楽グループが見事に演奏し、参加者の気持ちを和ませた。
5) 最後に座談会「代官山ブランドを巡って」があり、野口浩平氏の司会で、岩橋謹次氏による地域ブランドの定義と代官山ブランドについての問題提起の後、井原広之氏(Florist IGUSA取締役)、林茂氏(Eataly Japan社長)、野呂芳明氏(春花祭運営委員長)、吉田寛氏(コンビミニ店長)によるパネルディスカッションがあった。ここでは、代官山が生活の質を高めるようなスタイルを演じる舞台としての役割を演じていること、また住民や客の層が若いころから代官山ブランドを好み、時代を経て家庭を持っても子供やペットとともに固定客として戻ってきているという特徴が指摘され、今後のビジネスの展開や連携に役立てようという意気込みが感じられた。
6) まとめとして、座談会司会の野口氏と総合司会の元倉氏が、代官山ブランドについて「生活の質の向上」を始めいくつかのキーワードを指摘するとともに、過去の2回のフォーラムで議論された代官山をめぐる地理や歴史やこれまでの住民の努力を考慮しつつ総合的に代官山ブランドのあり方を考えることの重要性が強調され、フォーラムは閉幕となった。
参考:
第2回フォーラム代官山(2008年10月12日開催):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-10-13
第1回フォーラム代官山(2008年4月30日開催):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30

Forum Daikanyama III - Reexaming Daikanyama Brand: Summary
1) As a main event of GWD (GreenWeekDaikanyama: May 2-6, 2009), Forum Daikanyama III was held on May 2(Sat), 6:00-8:30pm, co-sponsored by Forum Daikanyama III Committee, Tokyo Chamber of Commerce & Industry-Shibuya Branch, Daikanyama Suteki Research Institute, Daikanyama Suteki Community Development Council and Daikanyama Business Network. As forum coordinator, Mr. Makoto Motokura opened the forum by mentioning the necessity of reexamining the "Daikanyama brand" under today's rapidly changing environment. And Mr. Fumiyasu Ban, GWD Committee chairman, pointed out that for the future of the Daikanyama brand, it is important to ask "not what we can expect from Daikanyama, but what we can contribute to Daikanyama."
2) Then, Mr Yoshiaki Tsumoto (Tokyo CCI-Shibuya branch management director) reported that the "Daikanyama Brand Power-Up Project" has been launched as part of the "Tokyo-to Synergy Scheme Program" with detailed explanations about this 3-year project. An important point about this project is not only to help individual businesses strengthen their powers but also to facilitate the brand power of the Daikanyama area as a whole by connecting businesses to residents within the area. For this purpose, the "Daikanyama Style Research Committee" was initiated with Mr. Kinji Iwahashi as the committee chairman, according to Mr. Tsumoto.
3) The keynote speech on "Changing Greater Shibuya Region and Daikanyama's Positioning" was given by Mr. Tateki Nishi, Editor of Shibuya Keizai Shimbun, where it was pointed out that such communities as Harajuku, Omotesando, Aoyama, Ebisu, Nakameguro, etc. in the greater Shibuya region have undergone major changes in their business characters and branding for the last few decades. In that context, the main characteristics of the Daikanyama's brand image have remained to be "grown-up, high-grade, cool, seasoned, etc.," supported by royal repeaters nationwide. In view of future competition with neighboring communities, however, it may be advisable for Daikanyama to identify and emphaize key elements comprising its brand image in a more concrete fashion.
4) During the intermission, a student string group performed the music composed by Mr. Hayato Kudo, pianist, who was inspired by the beauty of Daikanyama, and the relaxing music pleased the audience very much.
5) Then, a panel discussion regarding the Daikanyama brand took place with Mr. Kohei Noguchi as moderator and Mr. Kinji Iwahashi who presented several definitions of regional brands and his analysis of the Dankanyama brand to start the discussion among the panelists, Mr. Hiroyuki Ihara (Director, Florist IGUSA), Mr. Shigeru Hayashi (President, Eataly Japan), Mr. Yoshiaki Noro (GWD Executive Committee Chairman) , Mr. Hiroshi Yoshida (Head, Combimini Daikanyama). Several key points emerged from their discussion such as the fact that Daikanyama provides a stage where residents and visitors can play their life style for a higher quality of living, and also that they have been so royal to the Daikanyama brand since their youth that they repeatedly visit Daikanyama now with their children and pets, likely leading to new opportunities for a network of related businesses in Daikanyama.
6) In summary, both Mr. Noguchi, discussion moderator, and Mr. Motokura, forum coordinator, pointed out several key concepts such as "a higher quality of life" for residents and visitors, and emphasized the importance of reexamining the Daikanyama brand comprehensively by referring to the analysis of geography, history as well as residents' past efforts regarding the Daikanyama brand. which was taken up in the first and second forum Daikanyama (see the links below).
References:
Forum Daikanyama I (10/12/2008):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-10-13
Forum Daikanyama II (4/30/2008):
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30
nice!(0)  コメント(1) 

GreenWeekDaikanyama春花祭2009:GWD Festival 2009 [写真]

GreenWeekDaikanyama春花祭2009:GWD Festival 2009
「グリーン」と「エコ」の街のイベント(5/2-5/6):"Green & Eco" Community Event

春花祭ピラミッドTシャツ・アート作品:GWD Pyramid & T Shirt Art Crafts
90502a.jpg 90502b.jpg

ひまわりガーデン前のユネスコの旗:UNESCO Banner Facing Sunflower Garden
90502s.jpg 90502t.jpg

まち思いカフェ@代官山コミュニティルーム:Machi Omoi Cafe@Community Room
共催:渋谷ユネスコ協会:Cosponsor: Shibuya UNESCO Association
90502u.jpg 90502v.jpg

渋谷ユネスコ関係者とアート関係制作者:Shibuya UNESCO & Art/Photo Producers
90502w.jpg 90502x.jpg
GreenWeekDaikanyama 2009: http://gw-ds.jp/
nice!(0)  コメント(0) 

代官山ステキサロン第5回:Daikanyama Suteki Salon 5th Meeting [イベント情報]

「代官山ステキサロン」:Daikanyama Suteki Salon
第5回会合(2009/03/18):5th Meeting (March 18, 2009)
於ヒルサイドバンケット(C棟地階):@Hillside Banquet (Hillside Terrace C)
テーマ:「投資ファンドの行動と国際金融および地域コミュニティの危機」
“Investment Funds and Crises of International Finance & Local Communities"
スピーカー:宮尾尊弘(国際大学教授)
Takahiro Miyao (Professor, International University of Japan)

90318Miyao11.jpg
90318a6.jpg 90318b6.jpg

「投資ファンドの行動と国際金融および地域コミュニティの危機」
第5回の代官山ステキサロンで、スピーカーの宮尾尊弘国際大学教授は、「投資ファンドの行動と国際金融および地域コミュニティの危機」というテーマで講演を行い、以下の点を強調した。

(1)現行の金融危機を引き起こした要因のうち、最も重要と思われるのは、米投資銀行と多様な投資ファンドの行動で、特にその行き過ぎたレバレッジ(外部借入)経営が金融バブルを世界経済の中で生み出した。
(2)実際に、投資銀行はヘッジファンドのような投資ファンドを色々な面でサポートするとともに、自らも自己勘定で取引を行う投資家としてファンド化したことにより、サブプライムローンバブルの生成と崩壊を導き、その帰結として投資銀行という業態の消滅とファンドビジネス一般の縮小をもたらした。
(3)2007年ころまでは、投資銀行と不動産ファンドの積極的な行動が、世界経済と並んで日本でも不動産市場を急拡大させたが、その過程で不動産はキャッシュフローを基準とする資産として扱われ、その結果として不動産の証券化と国際化が進行した。
(4)バブル崩壊の結果、不動産市場も値域コミュニティも厳しい危機的状況に直面しており、不動産市場の急速な縮小に伴い、地域コミュニティは何らかの「サバイバル戦略」を取らざるを得ないところに追い込まれている。ここで「サバイバル戦略」として重要なのは、地域ブランドの確立、地域ビジネスの育成、地域(エコ)マネーの活用、地域間人的ネットワークの構築であろう。

以上のようなプレゼン後の自由討論のセッションでは、参加者の間で様々な意見やコメントが活発に交わされた。当然のことながら、討論では、いかに代官山がコミュニティのシンボルであるヒルサイドテラスの伝統とデザインを元に自らのサバイバル戦略を構築し実施することによって当面の危機を乗り越え、将来さらなる発展を遂げることができるかというポイントに焦点が当てられた。

参加者の間での自由討論:Free Discussion Among Participants
90318c6.jpg 90318d6.jpg

“Investment Funds and Crises of International Finance & Local Communities"
At the 5th meeting of the Daikanyama Suteki Salon, Mr. Miyao, Professor of the International University of Japan, gave a talk on "Investment Funds and Crises of International Finance & Local Communities," where he made the following points:

(1) Of all the possible factors that caused the current financial crisis, probably the most important is the excessive leverage (borrowing) behavior of US investment banks and various funds that lead to the financial bubble in the global economy.
(2) Investment banks supported various investment funds such as hedge funds, and themselves became a kind of funds trading as principal investors on their own accounts, that caused the building and bursting of the subprime loan bubble, resulting in the extinction of the investment banking sector and the shrinkage of fund business in general.
(3) The real estate market in Japan as well as in the world expanded rapidly until 2007 by the aggressive behavior of investment banks and real estate investment funds, that made real estate a kind of financial asset to be managed on the cash flow basis, leading to the securitization and globalization of real estate.
(4) Due to the bursting of the bubble, the real estate industry as well as local communities are facing a severe crisis situation with rapidly shrinking real estate markets, where local communities are forced to adopt a kind of "survival strategy," which includes the establishment of their own local brands and local businesses with the use of local currencies such as "eco-money" and the building of human networks on the global basis, if possible.

After the presentation, various opinions and comments were exchanged among the participants in the free discussion session. Naturally, the focal point of the discussion was on how the Daikanyama community can survive for now and prosper in the future by adopting its own strategy based on the tradition and design of the community symbol, namely, Hillside Terrace.
nice!(0)  コメント(0) 

第2回フォーラム代官山:Forum Daikanyama II [イベント情報]

第2回フォーラム代官山:Forum Daikanyama II

ヒルサイド・プラザホールにて:10/12/08@Hillside Plaza Hall
(フォーラムの概要は写真の下に掲載)
第2回フォーラム代官山の全体司会役:元倉眞琴氏(代官山ステキ総研副理事長)
81013a.JPG 81013b.JPG
1部:「西渋谷台地から代官山を考える」
1部進行役の岩橋謹次氏の挨拶およびプレゼンを行う渡辺徹氏(建築家・JIA渋谷)
81013bc.JPG 81013c.JPG
小林博人氏(慶応大学SFC准教授)および佐藤雄紀氏(中国飯店代官山花壇)
81013d.JPG 81013e.JPG
パネリストによる意見交換セッションと会場の参加者からの質問
81013f.JPG 81013h.JPG
2部:「代官山のまちづくりをエコと白地図で考える」
2部司会役の石原貞治氏と代官山ステキな街づくり協議会会長挨拶
81013i.JPG 81013j.JPG
青葉益輝氏(アートディレクター)の講演「代官山の景観・エコを考える」
81013k.JPG 81013l.JPG
青葉益輝著『心に「エコ」の木を植えよう』(求龍堂:2008年):
http://item.rakuten.co.jp/book/5748609/

「第2回フォーラム代官山」:概要
NPO法人・代官山ステキ総合研究所と代官山ステキな街づくり協議会の共催で開かれた「第2回フォーラム代官山」では、まず全体司会役の元倉眞琴氏から開会の挨拶があった。
第1部(進行役は岩橋謹次氏)では、「西渋谷台地から代官山を考える」というテーマで、まず渡辺徹氏(建築家・JIA渋谷)が、地理的および歴史的視点より「代官山」が生まれた時代から今日に至るまでの形跡をたどった。それに続いて、銀座の街づくりのアドバイザーである小林博人氏(慶応大学SFC准教授)が代官山と中目黒との関係強化を提案し、さらに佐藤雄紀氏(中国飯店代官山花壇)が生まれ育った代官山周辺の話しを披露した。また岩橋氏は総括として、代官山地域の「緑の十字路構想」を打ち出した。
第2部(進行役は石原貞治氏)「代官山のまちづくりをエコと白地図で考える」では、まず代官山ステキな街づくり協議会代表より挨拶があり、それに引き続き、有名なアートディレクターの青葉益輝氏が「代官山の景観・エコを考える」というテーマでプレゼンを行った。その中で青葉氏は、自分で撮影した代官山の写真を見ながら、「代官山らしさ」とは何かをビジュアルに示し、緑に溢れた環境を維持することの重要性を強調した。その後の質疑応答では、どのようにしたら望ましい環境と景観を維持し、創造していくことができるのかを中心に議論が続いた。

Forum Daikanyama II: Summary
First of all, an opening address was given by Mr. Makoto Motokura, chief coordinator for Forum Daikanyama II, jointly sponsored by Daikanyama Suteki Research Institute and Daikanyama Suteki Community Council.
In Part 1 (moderated by Mr. Kinji Iwahashi) on "Daikanyama from the standpoint of West Shibuya Hill," Mr. Toru Watanabe (Architect, JIA Shibuya) explained about the development of Daikanyama in both geographical and historical perspectives. Then, Mr. Hiroshi Kobayashi (Associate Professor, Keio University), advisor for the Ginza community, proposed a closer relationship between Daikanyama and neighboring Naka-Meguro, and Mr. Yuki Sato (Business Manager) told the audience his story about the Daikanyama area, his home town. In conclusion, Mr. Iwahashi, moderator, presented his vision for the "Green Crossing in the Daikanyama Region."
In Part 2 (moderated by Mr. Sadaharu Ishihara) on "Ecological Map of Daikanyama," the head of Daikanyama Suteki Community Council delivered a brief speech to be followed by Mr. Masuteru Aoba, well-known art director, made a presentation on "Ecology and Scenery of Daikanyama." In his presentation, Mr. Aoba emphasized the importance of maintaining the Daikanyama-like green environment by showing the pictures that he took himself in and around Daikanyama.
In the Q&A session, a lively discussion took place, especially about how to maintain and create a desirable environment in the community.

猿楽祭の風景@代官山:Sarugaku Festival@Daikanyama [写真]

猿楽祭の風景@代官山:Sarugaku Festival@Daikanyama

テーマ「食と子供」:Theme "Food and Children"

81012a6.JPG 81012b6.JPG
81012c6.JPG 81012d6.JPG
代官山ホームページ:猿楽祭2008年:
http://www.daikanyama.ne.jp/topics/backnumber/database.cgi?equal1=08101001;tid=detail;print=1;

代官山ステキサロン第4回:Daikanyama Suteki Salon 4th Meeting [イベント情報]

代官山ステキサロン」:Daikanyama Suteki Salon
第4回会合(2008/08/04):4th Meeting
於ヒルサイドテラスE棟ロビー:@Lobby of Hillside Terrace E
テーマ:「ディスポジション:まちづくりの可能性」
Topic: “Disposition: Application in Town Development"
講師:柳澤田実(南山大学人文学部専任講師)
Speaker: Tami Yanagisawa (Lecturer, Nanzan University)
80804a10.JPG
「ディスポジション:よりよく生きるために」
今回の代官山ステキサロンでは、初めて外部から講師を招待しましたが、それはステキ総研のメンバー以外からという意味だけでなく、街づくりの分野以外からの専門家という意味でもあります。講師は哲学分野の柳澤田実南山大学専任講師で、最近の編著書『ディスポジション:配置としての世界』(以下の「文献」参照)の内容に即して「ディスポジション」に関するプレゼンが行われました。
ディスポジションとは文字通り配置、離して置くことですが、そこから転じて配置により生じる傾向性、習慣、力、気質といった意味もあります。この世界は配置であり、人間は自らを取り巻く配置によって絶えず態勢づけられて(disposeされて)おり、そこでは内的な力、傾向、気質、態勢などが、生活上の行動を通じて配置され、様々な分野、例えば政治、倫理、経済、技術、芸術といった複雑な形に再配置されています。このような「配置」(disposition)は、世界をボトムアップ的に見る見方で、これに対して、私たちがしばしば自分自身の理念や価値を持って現実世界を上から捉える「構成」(composition)は、世界をトップダウン的に見る見方といえます。
配置による見方が目指すことは、「世界のすべてが何らかの前提条件によって作られた配置と可能性の連続態でしかないという現実を認めること」、および「私たちがそこに介入する場合は潜在する可能性を無視することなく、さらに多くの可能性を生み出すような再配置を目指すこと」で、それが私たちにとってより「良く」生きる可能性を導くことになります(「ファーレ立川」がその一つの例で、以下の「文献」参照)。配置という見方は、私たちの「良い、悪い」といった価値そのものを捉えなおして、実在にフィットした無数の現実や概念に基づいて「より良い」生活の可能性を生むことに役立つと思われます。
この配置という考え方は、前回のステキサロンで野呂教授が指摘された代官山のような望ましい町づくりのための「新しいコミュニテイの形成」にとって方法論的な根拠を提供するものではないかと感じた次第です(以下を参照:http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/archive/200802-1)。
以上のようなプレゼンの後のフリーディスカッションでは、いくつかの重要な質問が提起されました。例えば、「私たちが代官山が『良い町』という場合に、それは下からの配置の見方の結果か、それとも上からの構成の見方の結果か」、また「配置という見方は、はたして都市再開発の枠組みやメカニズムとして十分なものかどうか、特に大震災のような災害後の町の再建において十分機能するのかどうか」といった質問をめぐり熱い議論が数時間も展開され、真夜中近くまで続きました。
文献:References:
柳澤田実編『ディスポジション:配置としての世界』
Tami Yanagisawa ed., “Disposition View of the World”
http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/from/blog/2008/06/post-97/
「ファーレ立川」:Faret Tachikawa:
http://www.gws.ne.jp/tama-city/faret/faret.html

Disposition: For Our Better Living
At the Daikanyama Suteki Salon, this is the first time a lecturer was invited from outside, not just from outside of the Suteki Research Institute members, but also from outside of the urban development field. Ms. Tami Yanagiwasa, researcher in philosophy and lecturer at Nanzan University, made a presentation on “disposition,” based on her recently edited book “Disposition View of the World” (see the References). The following is a summary of her presentation.
Disposition literally means placing or arrangement, and also implies tendency, inclination, power, temper or character that results from a particular arrangement. The world is nothing but disposition in this sense, and human beings are constantly disposed (regulated) by the disposition surrounding themselves, where internal power, temper, tendency, etc. are being organized and reorganized into various disciplines such as politics, ethics, economics, technology and arts through actions in human life. Disposition is this kind of “bottom-up” view of the world, whereas composition is a “top-down” view that we often take by imposing our own values or norms in grasping the real world.
By subscribing to the disposition view, we would accept the real world as a continuum of possibilities of disposition evolving from certain initial conditions, not as a snapshot with no history or background. We should also seek a kind of reorganization or repositioning that could expand possibilities without ignoring existing possibilities of disposition, leading to a “better” way of living (“Faret Tachikawa” is one of those examples, for which see the Reference). The disposition view will help us redefine our values to seek the possibility of a better life based on numerous facts and concepts that fit the real world, according to Ms. Yanagisawa.
It seems that this disposition approach might well provide a methodological ground for creation of new communities to develop desirable cities like Daikanyama, as Prof. Noro suggested at the previous Suteki Salon meeting (see: http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/archive/200802-1).
In the free discussion session, a number of important questions were raised such as “does our view on Daikanyama as a ‘good’ place result from the disposition approach or the composition approach?” and “is the disposition view enough to provide an effective framework or mechanism for community redevelopment, especially in the aftermath of some natural disaster like an earthquake?” A heated discussion continued for a couple of hours, close to midnight.

参加者との自由討論:Free Discussion with Participants
80804b6.JPG 80804c6.JPG

インタビュー(9)太田幸夫さん:Interview with Mr. Yukio Ota [インタビュー]

インタビュー(9)太田幸夫さん:Interview with Mr. Yukio Ota
インタビュー:太田幸夫さん(太田幸夫デザインアソシエーツ代表、多摩美術大学教授、NPO法人サインセンター理事長)
Interviewee: Mr. Yukio Ota (Chief, OTA Yukio Design Association, Professor, Tama Art University, and Chairman, NPO Sign Center)
80502a.JPG
太田幸夫さん 目黒区平町の自宅で:Mr. Ota at Home in Taira-machi, Meguro

4月25日(金)に、都立大学駅の近くにある太田幸夫さんのご自宅に招待されて、色々とお話しをうかがうことができました。まずは、素敵なデザインの家具や美しい色や形の陶器が目に入ってくる家の中をご案内いただき、さらに手慣れた作法で美味しいお茶まで立てていただきました。その上で、代官山やヒルサイドテラスについてのご意見をお聞きしたのですが、太田さんは言うまでもなく、今や世界標準となったあの非常口のサインをデザインされた方で、長い間グラフィックデザインやサインの国際標準を確立することに貢献してこられたことはよく知られています。

太田さんのお話しは、まず1970年代初めに慶応幼稚舎の創立100周年を記念した新しい図書館のサイン計画にかかわったことから始まり、そのことが朝倉さんや岩橋さんとのかかわりを通じて槙文彦氏の設計されたヒルサイドテラスの開発に参加するきっかけになり、粟津潔氏の後を受けてヒルサイドテラスのサイン計画を担当することになったとのことでした。たまたま太田さんはそのころ、つまり70年代中ごろ、沖縄海洋博覧会の色彩調査やサイン計画にかかわったこともあり、ヒルサイドテラスの建物の色とテクスチュアを沖縄の珊瑚からできた砂浜の砂のような深みのあるものに感じたため、ヒルサイドテラスが東京砂漠の中にある「オアシス」になるようにという願いを込めて、当初マリーンブルーを多く使われたという(ただし、最近の改修で建物の色が変わってしまったのは残念とのこと)。それから30年以上経った先日4月18日のヒルサイドセミナーの「都市を語る」の対談で、槙文彦氏が「都市にはオアシスが必要」と述べたのを聞かれて本当に嬉しかったとのことでした。
さらに、ヒルサイドテラスは、住居、商業、オフィスの三つの活動がほぼ同じ比率で共存する複合性と多様性があり、また周辺住民のためにさまざまなイベントや展覧会や演奏会などが開催されるオープンでパブリックな空間を持つような「町」ないし「コミュニティ」として機能していることを強調。そしてヒルサイドテラスに見られる低層な開発は、建物の直線的な稜線がその横にある樹木の枝の有機的な形によって和らげられ、素晴らしい効果を上げることのメリットも指摘されました。

太田さんがさらに主張された重要な点は、ヒルサイドテラスの基準は特別視されるべきなく、もっとさまざまなプロジェクトで「平均的な標準」として受け入れられるようにならなければいけないとのこと。その意味で、ヒルサイドテラス以外の代官山の開発やデザインについては、もっと改善する余地があるとして、一つの大胆な提案をされました。
それは、ヒルサイドテラスの生みの親である槙文彦氏を中心とする「まちづくり委員会」を結成し、代官山のすべての開発プロジェクトの計画は事前にその委員会に届けられ検討されるようにして、できるだけ槙氏のアドバイスを得て望ましい方向に改善されるようにしたらどうか。そうすれば、代官山のアイデンティティが内部的にも外部に対してもより明確になり、それに同意する人たちだけが集まる町に代官山がなっていって、望むらくはそのような過程を経て、代官山の町全体が渋谷、恵比寿、中目黒といった周辺地域に望ましい影響を及ぼすようになると、太田さんは考えられています。

実はお会いする前は、太田さんがもっぱらサインのデザインといった分野で貢献された点についてだけ話しをされると予想していて、幅広い視点から代官山の町づくり全体についてこれほど「熱く」語られるとは思ってもいなかったので、ある意味で驚きでした。しかし太田さんの言われたことを後でじっくり思い出して消化してみると、太田さんのサインやデザインについてのコンセプトは非常に広い意味を持ち、ヒルサイドテラスそのものが望ましい開発のサインやデザインであり、また同様に代官山の町全体が今後はより広い地域にとって望ましい町づくりのサインやデザインになるようにすべきと主張されていたことに気づいた次第です。
参考:References
「太田幸夫多摩美術大学教授:Innovative One インタビュー」:
http://www.innovative.jp/interview/2006/0125.php
「ヒルサイドテラス:History, Chronology」:
http://www.hillsideterrace.com/history/chronology.html
ヒルサイドテラスの初期の壁に似た色の陶器を探す太田氏
Mr. Ota showing desirable color 80502c.JPG

Interview with Mr. Yukio Ota
I was invited to Mr. Yukio Ota’s residence near Toritsu-Daigaku station on April 25. Mr. Ota showed me around in his home with nice furniture and potteries, and then served me traditional green tea before explaining his opinions on Daikanyama and Hillside Terrace. He is well known for his creation of the emergency exit sign design, which has become a world-wide standard, and for his participation as a Japanese representative in the ISO committee on graphical symbols.

Mr. Ota said that his involvement in sign planning for a new library at Keio Gijuku Yochisha in commemoration of its 100th anniversary in the early 1970s led him to the Hillside Terrace project through his acquaintance with Mr. Asakura, Mr. Iwahashi and others at Keio. He succeeded Mr. Kiyoshi Awazu as the sign designer for Hillside Terrace under the leadership of designer Mr. Fumihiko Maki in the 70s and the 80s. Mr. Ota, who was involved in the Okinawa Ocean Expo in the mid-70s, came up with the idea of using "marine blue" to reflect Okinawa’s beach sand color for the façade of Hillside Terrace, which should become an “oasis” in the middle of the Tokyo desert (unfortunately, the color was lost due to recent renovations). Mr. Ota said he was so glad to hear, after thirty some years, that Mr. Maki mentioned the necessity of an "oasis" in a large urban area at the Hillside seminar on April 18.
It was also pointed out that Hillside Terrace possesses necessary ingredients for a functioning community such as complexity and diversity by accommodating residential, commercial and office activities in almost equal proportions, as well as openness and publicness by providing semi-public space for various events, exhibitions and performances for community members. Furthermore, he emphasized the merits of low-density development in that physical structural lines are softened by the organic shapes of nearby trees and plants, as can be observed in the case of Hillside Terrance.

Mr. Ota argued that the standards set by Hillside Terrance should not be considered exceptional, but be more widely accepted as “average” standards for various projects. In this regard, there is much room for improvement in planning and designing the rest of Daikanyama outside Hillside Terrace. He went so far as to propose a “town committee” system, where all project plans in Daikanyama should be submitted to obtain suggestions for improvement from Mr. Fumihiko Maki, mentor for the Hillside Terrance project. That way, Daikanyama’s identity would become much clearer within as well as outside the community, so that only those who agree with it might be attracted to Daikanyama. Hopefully, through such a process, the city of Daikanyama as a whole will be able to have some positive impact on neighboring areas such as Shibuya, Ebisu and Nakameguro, according to Mr. Ota.

Frankly, I expected Mr. Ota to talk to me almost exclusively about his contributions in the sign design field, and did not anticipate such a “passionate” argument regarding Daikanyama’s community development from a broad perspective. After having digested what he said, I now realize that Mr. Ota’s concept of sign and design is so broad that he apparently considers Hillside Terrance itself as a kind of sign or symbol for desirable development and urges the town of Daikanyama as a whole in turn to play such a symbolic role for desirable community building in a wider region.

「GreenWeek代官山」イベント:"GreenWeek Daikanyama" Event [イベント情報]

「GreenWeek 代官山 春花祭」イベント:"GreenWeek Daikanyama" Event
「フォーラム代官山・温故知新」:"Forum: Learning New from Old”
於ヒルサイドプラザ(2008年4月30日):@Hillside Plaza (4/30/2008)

総合司会の元倉眞琴氏および「春花祭」実行副委員長の伴文康氏による開会挨拶
Moderator Mr. Makoto Motokura and Mr. Fumiyasu Ban's Opening Address
80430a.jpg 80430b.jpg

「フォーラム代官山・温故知新」:"Forum: Learning New from Old”
第1部:『副都心線(メトロ13号線)開通と渋谷、代官山、中目黒
Part 1: "Opening of Metro Line 13 and Shibuya, Daikanyama & Nakameguro"
渋谷エリアの変化の説明(依田育也東急電鉄渋谷開発事業部課長)、および中目黒エリア
の変化の説明(柏井栄一上目黒1丁目地区市街地再開発組合副理事長)に引き続いて、
代官山エリアの変化を説明する石原貞治氏(代官山ステキな街づくり協議会事務局長)と
春花祭について説明する野呂芳明春花祭運営委員長
Mr. Sadaharu Ishihara on Daikanyama and Mr. Yoshiaki Noro on GreenWeek
80430d.jpg 80430e.jpg
「副都心線」:http://www.tokyometro.jp/fukutoshin/#/about

第2部:『三田用水から考える』
Part 2: "Reflecting on Mita Channel"
三田用水の概要を説明する米本豊氏(代官山ステキ総研会員、ひまわりガーデン実行委員)
および三田用水について見聞きしたことのあるフォーラム参加者の発言(朝倉健吾氏他数名)
Mr. Yutaka Yonemoto's Presentation & Participants' Comments (Mr. Asakura and others who shared their personal recollections of Mita Channel)
80430f.jpg 80430g.jpg
80430i.jpg 80430j.jpg
「三田用水」:http://park5.wakwak.com/~toshkish/mita/mita03.html

三田用水の活用と「緑の文化十字路構想」を説明する岩橋謹次(代官山ステキ総研理事長)
Mr. Kinji Iwahashi on Mita Channel and Green Cultural Crossing Plan
80430k.jpg 80430m.jpg
「代官山ビジョン要旨」:http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2007-02-13

第3部:『代官山座談会「温故知新」』
Part 3: "Daikanyama Free Talks: Learning New from Old"
コーディネーター野口浩平氏(代官山ステキ総研企画室長)と参加者による活発な討論
(代官山のアイデンティティやブランドとは何か、それを歴史に照らしてどう構築するか)
Mr. Kohei Noguchi as Coordinator and Free Discussion with Participants
(What is Daikanyama's identity or brand and how to build it based on history)
80430p.jpg 80430q.jpg
参考:
「GreenWeek 代官山 春花祭:GWD 2008」(代官山ホームページ):
http://www.daikanyama.ne.jp/topics/backnumber/database.cgi?equal1=08042501;tid=detail;print=1;

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。