So-net無料ブログ作成
検索選択

代官山リニューアルオープン・イベント:Daikanyama Renewal Event [イベント情報]

代官山リニューアルオープンイベント:Daikanyama Renewal Event
シンポ「代官山のこれからを考える」:Symposium “Daikanyama’s Future
於ヒルサイドプラザ(2008年4月4日):@Hillside Plaza (4/4/2008)

80404Dai1.jpg
パネリスト(左より):桑原氏、槇氏、寺田氏、椎原氏、北川氏
その他のパネリスト:朝倉氏、野呂氏、元倉氏、石原氏

シンポジウム「代官山のこれからを考える」
代官山ヒルサイドテラスのリニューアルオープン・イベントの第1弾として、「代官山のこれからを考える」というシンポジウムが、ヒルサイドプラザのホールで開催された。
まず、コーディネーターの北川フラム・アートフロント・ギャラリー主宰(アートディレクター)が、これまでの代官山の町としてのよさに言及した上で、特に震災にも耐えて生き残れる「村」、つまりアーバンビレッジとしての意識を持つこと、さらに地域の歴史や文化の発展に関するアーカイブを整備することの重要性を指摘。そのためにこの4月からヒルサイドフォーラムに図書館を開設し、都会の中で静かな落ちついた場所を提供するという意味も強調した。さらに集中と再開発が進む東京で、代官山のように頑張ってよい街づくりを進めている神楽坂と谷中からキーパーソンを招待したとの説明があった。

神楽坂のNPO「粋なまちづくり倶楽部」の寺田弘理事長は、花柳界のもつ「粋」や「もてなし」の伝統を受け継いだ街づくりを紹介し、特に昔ながらの路地の風情を大切にし、お祭りや芸能を通じて人々が時間をかけて交流することで、人口4千人の「村」を形成したいという希望を述べた。
それに続いて、谷中のNPO「たいとう歴史都市研究会」副理事長で谷中学校運営人でもある椎原明子晶地域文化研究所代表は、戦災を受けず古い建物が残っている谷中の町屋を保存するとともに、文化芸術活動などの場として活用し、特に若い人の間で地域の文化を継承し育むという独特の街づくりについてプレゼンを行った。

これに対して、地元代官山の街づくりの経緯について、「代官山ステキなまちづくり協議会」の石原貞治事務局長から、代官山がもともと住居地域で屋敷町でもあった歴史、およびヒルサイドテラスの開発の影響の大きさを指摘。その上で別々に発展してきた住民による街づくりと専門家による街づくりの動きが最近は一緒になって、さまざまな困難な課題に取り組みつつあることが説明された。
次に、ヒルサイドテラスと現在の代官山文化の生みの親ともいえる槇文彦槇総合計画事務所代表は、よい街を支える「日常性」の原点についての考え方を示し、特に日本の場合は地域の自然を大切にする気持ちと地域の文化を時間をかけて充実させていくことが重要であるが、その一方で最近はグローバリゼーションの進行によって各地域の「日常性」の原点が失われつつあることを指摘。よい街づくりにとってこれは大きな課題であると警告した。

以上のプレゼンに対するコメントとして、地元代官山の動きに関しては、まず桑原敏武渋谷区長が、改修後間もなく一般公開される旧朝倉邸が渋谷区の管理となるので、それを代官山の街づくりのためにうまく活かしたいと発言。それに続いて、野呂芳明立教大学教授が、代官山の「新住民」として、地域の伝統や文化について旧住民に対する聞き取り調査を行うことが住民全体に与えるプラスの意味を説明。さらに元倉眞琴スタジオ建築計画代表(東北芸術工業大学教授)は、代官山のような大都市のコミュニティが直面する空洞化現象は、過疎化する地方の村の問題とまったく同じであると述べた。
そして前半の締めくくりとして、朝倉不動産の朝倉健吾専務が、代官山はもともと住居地域であったこともあり、商売をやっていくのは大変で、住居のもつ特性を生かしつつ商売をやらざるを得ない結果として現在の代官山ができあがったことを指摘。さらにその過程で多くのキーパーソンとの「一期一会」の出会いが今日をもたらしたことを強調した。

さらに後半ではパネリストの間での興味深いコメントや討論があり、充実したシンポジウムであった。討論終了後、場所をライブラリーのあるヒルサイドフォーラムに移して、懇親会が行われた。

懇親会の様子@ヒルサイドフォーラム:Networking Party@Hillside Forum
80404Dai2.jpg

Symposium "Daikanyama's Future" @ Hillside Plaza Hall

On April 4, there was a symposium on "Daikanyama's Future" held at Hillside Plaza Hall as the first of the series of renewal opening events for Hillside Terrace.
First, Mr. Fram Kitagawa (Chairman, Art Front Gallery) referred to some desirable aspects of Daikanyama’s community development in the past, and emphasized the importance of sharing the sense of an "urban village," and having a community library for cultural archive purposes. In fact, by Mr. Kitagawa’s initiative, the Daikanyama Library is just opening up in Hillside Forum.

Then, two community leaders from Tokyo’s better neighborhoods, along with Daikanyama, made interesting presentations about their approaches to community development. Mr. Hiroshi Terada explained how the Kagurazaka district in Shinjuku Ward has been maintaining its tradition of “smartness” and “niceness” in the minds of residents, whereas Ms. Akiko Shiihara mentioned her efforts to preserve and utilize old “machiya” houses in the Yanaka district in Taito Ward, where young artists are actively participating in such community preservation efforts.

Regarding Daikanyama’s community development, Mr. Sadaharu Ishihara (Executive Director, Daikanyama Association of Suteki-na Machizukuri) pointed out the historical impacts of the development of Hillside Terrance on the predominantly residential community of Daikanyama, and the recent collaboration of residents and professionals in dealing with difficult issues facing this community. In this context, Mr. Fumihiko Maki, world renowned architect, representing the professional community of Daikanyama, expressed his view by picking a key word, “nichijosei” (that is, “usualness” or “naturalness”), which means respect for local nature and native culture, and warned that it is a serious challenge to nice communities like Daikanyama how to keep its “nichijosei” from being washed away under the pressure of globalization.

Then some comments were presented by four local members from the Daikanayma side. Mr. Toshitake Kuwabara, mayor of Shibuya Ward, said he would like to make use of the Old Asakura Residence in Daikanyama for community purposes; Rikkyo University Professor Yoshiaki Noro, as a “new community resident,” emphasized the meaning of his hearings from old residents about local traditions and historical events; and Mr. Tohoku Motokura, architect in Daikanyama and professor at the Tohoku University of Art and Design, pointed out the similarity between urban communities like Daikanyama and regional villages in terms of hollowing-out of residents.

The first half of the symposium was concluded by Mr. Kengo Asakura, director of Asakura Real Estate, who said that there was no choice other than mixing business and residence in community development, due to the predominantly residential nature of Daikanyama, and in the process it has been fortunate to have Mr. Maki and other key persons help develop a nice community.
In the second half, there were interesting and lively discussions among the panelists involving the audience. After the symposium, a networking party was held in Hillside Forum, where the newly opened library is located.

Daikanyama Library: http://www.hillsideterrace.com/topics/080310.html

目黒川桜まつり:Meguro River Sakura Festival 2008 [写真]

目黒川桜まつり:Meguro River Sakura Festival 2008

80330D7.JPG 80330E7.JPG
目黒区桜まつり情報:Meguro Ward Sakura Festival Information
http://meguroku-net.com/meguro/sakura/p1-megurogawa.htm
本ブログ(2007/4/5):Sakura Festival 2007
http://daikanyama.blog.so-net.ne.jp/2007-04-05

代官山ステキサロン第3回:Daikanyama Suteki Salon 3rd Meeting [イベント情報]

代官山ステキサロン」:Daikanyama Suteki Salon
第3回会合(2008/01/21):Third Meeting
於ヒルサイドテラスE棟ロビー:@Lobby of Hillside Terrace E
講師:野呂芳明(代官山近隣会長・立教大学社会学部教授)
テーマ:「都心におけるコミュニティの再生と新生」
Topic: “Renewal and Formation of Community in City Center"

Prof. Noro

社会学者の野呂教授は、まず代官山を東京山の手の特別な地区で、「クリエイティブ・クラス」が住み、その「場所性」を個人的だけでなく共同的に経験できる場であると定義。これは、住民がヒルサイドテラスや同潤会アパートなどの文化的伝統があるコミュニティに住む特権性を感じるからであるという。
それと同時に、代官山に関するバーチャルな情報が現実の場所にフィードバックされ、代官山を高度な消費文化のセンターしてしまったようにみえる。しかし、それは代官山コミュニティの崩壊をもたらす。
むしろ代官山は、その地域におけるバラバラな活動のパーツをつなげることよりも、さまざまな住民たちが交流する「場」を新たに作り出すことによって、望ましいコミュニティの新生と地域の活性化を図るべきであるし、そうすることが可能であると、野呂教授は主張。
参考:
「野呂芳明立教大学教授」:http://www.rikkyo.ne.jp/grp/shakai/sociology-page/society/staff_prof.html#p08
本ブログ「インタビュー(2)野呂芳明さん」2006年10月21日:
http://blog.so-net.ne.jp/daikanyama/2006-10-21

As a sociologist, Prof. Noro first characterizes Daikanyama as a special uptown district in Tokyo with “creative classes” residing, while experiencing its “placeness” not only individually but also communally. This may be due to residents’ feeling as a privileged class living in the community with Hillside Terrace, Dojunkai Apartment, and other cultural traditions.
At the same time, virtual information about Daikanyama is feeding back into the town, apparently making it a center for high-level consumption culture. However, this may well lead to the end of the Daikanyama community.
Instead, Daikanyama should be and could be revitalized by newly creating a place or a "new community" for interactions among various kinds of residents, rather than by assembling parts of individual activities in and around the town, according to Prof. Noro.
Reference:
NORO, Yoshiaki:
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/cri/ken/vin/noro_y.html

Discussion among participants


代官山ステキサロン第2回:Daikanyama Suteki Salon 2nd Meeting [イベント情報]

代官山ステキサロン」:Daikanyama Suteki Salon
第2回会合(2007/09/05):Second Meeting
於ヒルサイドテラスE棟ロビー:@Lobby of Hillside Terrace E
講師:渡辺徹(道玄坂まちづくり協議会 副会長)
テーマ:「渋谷駅再開発:地元・事業者・行政の奇妙な対話」
Topic: "Shibuya Station Redevelopment: Odd Dialogue
Among Residents, Developers and Local Administrators"
Mr. Toru Watanabe

渋谷地域の住民を代表する一員として、建築士である渡辺徹氏は、事業者と行政が考えている渋谷駅の高層再開発のプランに対する対案ともいえる自らの再開発計画を提示してきた。
渡辺プランによると、人々を上のデッキや地下に追いやるのではなく、人々が地上で歩けることを優先させ、246号線などを高架化することで地上を歩きやすくするというもの。さらに、渋谷地域の自然環境を重視して、ヒートアイランド現象を避けるような「風のみち」を作ることも提案している。
渡辺氏は、渋谷駅の再開発が代官山を含む南西部の住宅地に背を向けて高層化することを避けるために、代官山の住民にもっと渋谷駅再開発のプロセスに関与してほしいと希望している。
プレゼンの後の自由討論では、代官山の視点から渋谷の基本的な役割や性格に関する渡辺氏の解釈に対していくつかの質問がなされた。
いずれにしても今回のサロンは、それぞれが都市開発や都市計画の専門家である渋谷の住民と代官山の住民とが相互に有益な意見交換を行ったという意味で非常に意味のある会合であったといえる。
参考:「渡辺徹HP」:http://www.shibuyacommon.org/

As a representative of local residents in the Shibuya area, Mr. Toru Watanabe, professional architect, has been offering a redevelopment plan as an alternative to the highrise redevelopment of Shibuya Station, which is presented by developers and local administrators.
Instead of routing people up on the deck or down in the basement, Mr. Wanatabe's plan prioritizes people on the ground, and helps people walk around the station by elevating the highway 246 off the ground. He also emphasizes the natural environment in the Shibuya area and proposes to create a "wind path" to avoid the "heat island" phenomenon.
Mr. Watanbe would like people in Daikanyama to get involved in the process of Shibuya Station redevelopment in order to modify the highrise development plan against the residential area southwest of the station including Daikanyama.
In the free discussion session, a number of questions were raised regarding Mr. Watanabe's interpretation of Shibuya's basic roles and characteristics from the viewpoint of Daikanyama.
It seemed to have been a mutually beneficial exchange between the Shibuya resident and Daikanyama residents, who are all specialists in urban development and planning.
Reference: http://www.shibuyacommon.org/en/
Discussion among participants


代官山ステキサロン第1回:Daikanyama Suteki Salon 1st Meeting [イベント情報]

代官山ステキサロン」とは?:What is "Daikanyama Suteki Salon"?
代官山の文化的な雰囲気に引きつけられた人々が自由に集まってお互いに刺激を与え合う場を提供することで、新しい「代官山文化」を創造し根付かせることを目的としたサロンです(主宰:元倉真琴さん、事務局:野口浩平さん)。
It is to provide a place where those who like Daikanyama's cultural atmosphere can get together voluntarily to stimulate each other for the purpose of creating and sustaining a new "Daikanyama culture" (hosted by Mr. Makoto Motokura and organized by Mr. Kohei Noguchi).

第1回会合(2007/07/23):First Meeting
於ヒルサイドテラスE棟ロビー:@Lobby of Hillside Terrace E
テーマ:「元倉真琴さんの建築の話」:Mr. Motokura's Talk on Architecture

代官山ステキサロン第1回会合の口火を切って、元倉真琴さんがプレゼンを行い、まず以前の著書『集まって住む』(下のリンク参照)と最近の著作『地球は大きな建築、衣服は小さな建築』の内容を簡単に紹介した後に、自ら設計した住宅を中心に一連のスライドを見せて、住まい、集合住宅、街、環境などについてどう考えるかを話されました。そこで強調された考え方の要点は以下の通りです:
(1)家の重心がどこかを常に意識すること
(2)街をつくる要素でありコミュニケーションのツールでもある住宅
(3)環境を維持しその魅力を最大限引き出す住まいを設計する
(4)快適でフレキシブルに住み続ける(SI住宅など)
(5)環境のためのサステイナビリティを考慮(ソーラーなど)
その後、参加者の間で自由な討論が行われ、特に最近顕著な商業的視点からの都市再開発ブームの中で、いかに代官山に住むことのよさと街の魅力を維持し最大限引き出すかが議論となりました。最後に参加者全員が、このサロンの会合は非常に貴重でよい刺激になるので、また近々開催してほしいという希望で一致しました。
参考:Reference
代官山ブログ「インタビュー:元倉真琴さん」:
Daikanyama Blog "Interview with Mr. Makoto Motokura"
http://blog.so-net.ne.jp/daikanyama/archive/20061213

At the first meeting of the Daikanayama Suteki Salon on July 23, Mr. Makoto Motokura made a presentation by referring to his previous writings such as his picture book "living together" (see the reference above) and more recent piece "The earth is large architecture and clothing is small architecture," and then by showing a series of powerpoint slides of his architectural works to discuss how to think of housing, collective residence, community and the environment.
The following are some of the key concepts emphasized by Mr. Motokura:
(1) Always aware of the center of gravity (focal point) of residence
(2) Housing as a component of community and as a tool for communication
(3) Designing residence to preserve and maximize environmental amenities
(4) How to live comfortably and flexibly in the long run (SI housing, etc.)
(5) Subtainability for the environment (solar energy, etc.)
Then, followed free discussions, where many participants raised the issue of how to preserve and maximize residential amenities in Daikanyama, especially in the current trend of urban redevelopment from the purely commercial standpoint. In conclusion, everyone agreed that this Salon meeting was very valuable and stimulating and should be held as often as possible.


代官山から戻った村井邦彦氏:Mr Murai Back from Daikanyama [イベント情報]

ロスでも友人と40周年を祝う会:Celebration with LA Friends


代官山の会のビデオを解説する村井邦彦氏、ロスの友人(一番左が奥様)との祝う会
Mr. Murai Explaining the Daikanyama Party Video, With His LA Friends

40周年を祝う代官山の会についての新聞記事(Newspaper Articles):
朝日(Asahi):「村井邦彦が作曲40年でCD発売 『音楽、古く感じない』」
http://www.asahi.com/culture/music/TKY200706200272.html
産経(Sankei):「作曲家生活40周年、村井邦彦を祝う」
http://www.sankei.co.jp/enak/2007/jul/kiji/03music_murai.html


村井邦彦・代官山パーティ:Kuni Murai Daikanyama Party [イベント情報]

作曲家生活40周年記念コンサート:40th Anniversary as Song Writer

6月20日(水)に代官山のヒルサイドテラスで、音楽家村井邦彦の作曲家生活40周年記念コンサートが開催されました。この機会に、森山良子サーカスなど有名な歌手たちが代官山に集まり、「翼をください」などの村井邦彦作曲の歌を歌ってお祝いの会を盛り上げました。
それに関連する記事を2つほど。
1)日本経済新聞(6/24付)の詩歌・教養欄:「村井邦彦氏、世界水準のポップスを」
「六月二十日、東京・代官山で『翼をください』など代表曲が響いた。森山良子やサーカス、YMOの細野晴臣・・・・・村井が日本のポップス界に帰ってきた。・・・・『強くこうしたいと思った ことはない』まま立場を変えてきたが、ここにきて自らの進路を選んだ。 『最後は作曲家なんだ』。新しいスタンダードの誕生を期している。」
2)林立夫ブログ(6/20付):「先輩達が元気だ~!」
「今日は代官山で作曲家・村井邦彦氏の40周年記念パーティーだった。と言っても中身はコンサート!久し振りな面々。ムッシュ、加藤和彦さん、吉田美奈子さんに高橋幸宏君。浜田君、高水さん、佐藤博さん・・・ 他にもサーカスの方々やミッキーカーチスさん。・・・・・・」
http://softedge.exblog.jp/

On June 20, there was a party ("de facto" concert) held at Hillside Terrace to celebrate the 40th anniversary of Kunihiko Murai's career as a song writer.
Many well-known musicians, including Ryoko Moriyama, Circus, etc. got together to join him in Daikanyama on this special occasion.
So far two reports have been published about this event:
1) Nikkei Shimbun (6/24): "Kunihiko Murai; Global Standard for J-Pops"
2) Tatsuo Hayashi's Blog (6/20): "Getting Inspiration from My Mentors"
http://softedge.exblog.jp/


ステキ総研の会合:Suteki Research Institute Meeting [イベント情報]

代官山ステキ総合研究所:Daikanyama Suteki Research Institute
平成19年度総会と懇親会:2007 General Meeting & Konshin Party
6/15@代官山アドレス・コミュニティルームにて

Daikanyama Address Community Room: Konshin Party

まず総会では、平成18年度の事業報告と収支報告が承認され、さらに平成19年度の事業計画と予算案も承認されました。本年度の活動計画は、昨年10月の「代官山エコモコ・フォーラム」で報告された「代官山エコモコ・ビジョン」(代官山新文化十字路)の主旨に沿った形で進められることになりました。
ビジョンhttp://blog.so-net.ne.jp/daikanyama/archive/20070213
フォーラム:http://blog.so-net.ne.jp/daikanyama/archive/20061023
特に以下の3つの活動が重点的に取り上げられます:
1)「三田用水」跡地周辺オープン・ミュージアム構想:MOM案(下のリンク参照)
2)代官山ステキサロン(気軽に会員が交流できる場の提供)
3)観光まちづくり研究会(都市型観光と街づくりのあり方を研究)
引き続き開催された懇親会では、様々なバックグラウンドを持った参加者が自由な意見交換でブレーンストーミングした結果、代官山を住みやすく活力に溢れた街にするための色々なアイデアが生まれ、大変意義深い会合となりました。
参考:「三田用水」について
http://park5.wakwak.com/~toshkish/mita03/mita03.html
http://www.city.meguro.tokyo.jp/info/rekishi_chimei/category/rekishi/toubu/07-2.htm

At the general meeting, an account statement and an activity report for FY2006, as well as a budget and an activity proposal for FY2007 were approved. This year's activity plan is based on the "Daikanyama ECOMOCO Vision" (New Cultural Crossing), which was announced at last year's ECOMOCO Forum:
Vision: http://blog.so-net.ne.jp/daikanyama/archive/20070213
Forum: http://blog.so-net.ne.jp/daikanyama/archive/20061023
In particular, the following three projects will be taken up:
1) "MOM" : Mita Water Channel Open Museum (See References below)
2) Daikanyama Suteki Salon (Free/Informal Human Interaction)
3) Tourism Community Development (Urban tourism for Daikanyama)
At the Konshin party, a number of good ideas to develop Daikanyama into a livable and lively community emerged as a result of free dialogue and brainstorming among participants with diverse backgrounds. It turned out to be a very interesting and meaningful meeting indeed.
References on Mita Water Channel:
http://park5.wakwak.com/~toshkish/mita03/mita03.html
http://www.city.meguro.tokyo.jp/info/rekishi_chimei/category/rekishi/toubu/07-2.htm


ロスの村井氏宅訪問:Visit to Mr. Murai's Residence in LA [写真]

ハリウッドでの音楽家生活:Musician Life in Hollywood

6月の代官山でのイベントに備えてハリウッドの自宅で練習する村井氏

Mr. Murai at his Hollywood home, preparing for Daikanyama event in June
http://www.foarecords.com/kunihikomurai/index2.html


音楽家村井邦彦氏の訪問:Visit of Musician Kunihiko Murai [写真]

代官山でのイベントの計画:Planning Some Event in Daikanyama

ロスから訪日中の村井邦彦ご夫妻@「延楽」、代官山仕掛け人たちと懇談

Mr & Mrs Kunihiko Murai (from LA) with Daikanyama Representatives
村井邦彦氏:http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD1148359/


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。